プレ更年期の原因は自律神経の乱れ?30代女性のプレ更年期障害をチェック

             
<目次>
・プレ更年期の疑問をチェック
・プレ更年期の症状・ストレスをチェック
・プレ更年期の原因はホルモンバランスの乱れとストレス!
・プレ更年期の原因は自律神経の乱れ
・30代でも?注意しておきたい早発閉経
・30代女性のプレ更年期で注意すること
・プレ更年期の改善方法は
※目次にリンク(スライド)はあえて設置しておりません→最初から最後まで読んでいただいて、はじめて完結するため(部分的閲覧による誤解釈防止の意味も含む)

更年期は女性の閉経を挟む10年をいいますが、プレ更年期とは、30代後半~40代半ばにかけて、更年期のような症状がでます。それはプレ更年期障害かもしれません。

プレ更年期症状には、ほてりやイライラ、落ち込みやすい、不安になりやすいといった症状をかかえている女性が多いようです。

原因は『ストレスによる自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れ』が考えられます。

さらに働く女性の仕事のストレス、子育てママの育児ストレスなどが多い女性ほど、30代から更年期症状が出やすくなり、プレ更年期症状として悩みをかかえているのです。

プレ更年期の疑問をチェック

プレ更年期,原因,症状,チェック

プレ更年期が起こる原因は

□ プレ更年期は30歳をピークに徐々に衰えていく卵巣機能とストレスによって自律神経が刺激されることが原因だと考えられています。

プレ更年期の対処方法は

□ プレ更年期の主な原因はストレスなので、普段の生活を見直し、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

プレ更年期と更年期の見極め方は

□ 基本的には年齢で判断することになりますが、プレ更年期症状も更年期症状も類似しており、バッサリと線引きすることは難しいです。目安としては、生理が定期的にきていれば更年期には突入していないと考えてよいと思います。

プレ更年期の症状・ストレスをチェック

  • イライラ
  • 気持ちが不安定
  • 不安になりやすい
  • 仕事の悩み
  • 妊娠・高齢出産のストレス
  • 育児や介護の悩み
  • 将来の不安

プレ更年期の原因はホルモンバランスの乱れとストレス!

プレ更年期,原因

30代~40代のプレ更年期は、卵巣機能がゆっくりと衰えて身体が変化していく時期ですが、更年期のように卵巣機能が急激に低下するわけではありません。

しかし、プレ更年期の原因はホルモンバランスの乱れが関係しています。

しかし、女性ホルモンが減少するのは自然の流れであり、なぜ近年にプレ更年期の症状がでる30代女性が増えてきているのでしょうか?

プレ更年期の症状や体の不調がでてくる原因はストレスです。過度なストレスが身体や心に加わることで、プレ更年期の女性の不調を悪化させることがあり、ホルモン分泌にも影響が出てきます。

女性は社会進出によってストレスを受ける機会も増えており、30代~40代は責任ある仕事を任せられる時期でもあります。

プレ更年期の症状は、過度なストレスによる自律神経失調症によるものが多いのです。

       
プレ更年期,プレ更年期とは
最新情報をチェックしよう!