30代プレ更年期の生理・生理前変化は?生理痛・生理周期・生理不順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代になると「プレ更年期」と呼ばれる時期に入るということを知っていますか?プレ更年期の時期は、更年期障害とは違ったことが原因で生理周期に変化が見られたり、生理不順になったり、生理痛が酷くなったりすることが多くなります。

生理前にイライラしやすい人や、これまでとは生理が違うと感じたことのある人は、しっかりとその原因を探っていきましょう。

スポンサーリンク

30代のプレ更年期中の生理は?

プレ更年期,生理,30代

プレ更年期とは本格的な更年期に入る前の時期のことです。つまり、早い人で30代前半、通常でも30代後半になったら「プレ更年期」に入ったと考えていいでしょう。

生理は順調でもストレスが溜まってしまうと…?

30代は女性ホルモンが活発な時期で、まだまだ妊娠・出産をする人も多くいます。プレ更年期といえども生理サイクルが乱れたり、生理不順になったりということは少ないと言っていいでしょう。

ただ、30代は結婚・妊娠・出産などの女性にとって多くの転機があると同時に、仕事面でも大きなプロジェクトを担う、役職がつくなどストレスを抱えやすい時期です。

このようなことが影響して、心身ともに不調が出やすい時期ですので無理せずに、自分なりの「ストレス解消法」を見つけていきましょう。

生理周期とプレ更年期の関係

プレ更年期,生理周期

プレ更年期と更年期はあくまでも別ものです。ですので、生理周期が乱れることはほとんどありません。もし、この時期に生理周期が乱れてしまうのであれば、それは他の所に原因があるということです。

頭痛、イライラの原因って一体!?

プレ更年期になると、更年期障害のような症状が出てくることがあります。そうすると、まるで更年期障害が早くきてしまったと感じる人も多くいるようです。

更年期障害であれば、女性ホルモンの減少による乱れが原因ですが、プレ更年期の場合は違います。最も考えられる原因は「ストレス」です。

たまに、旅行に行くと生理がおくれる…ということを聞きますが、これも一種のストレスが原因による生理不順です。頭痛やイライラもストレスが溜まることで、自律神経が乱れて、その結果女性ホルモンのバランスを乱すことになってしまいます。

生理不順はプレ更年期の前兆?

プレ更年期,生理不順

プレ更年期とは年齢で分けた区別のことですから、30代後半~40代前半の人はみんな「プレ更年期」という時期なのです。生理不順になってしまうのには他に原因があるのかもしれません。

ちゃんと睡眠とっていますか?

仕事が忙しかったり、子育てで大変だったりするとなかなか睡眠時間が思うようにとれないことがあるかもしれません。

女性ホルモンは睡眠中にたくさん分泌されるので、睡眠不足とも関係しています。生理不順になってしまったと思ったら自分のライフスタイルを振り返り、生活習慣を見直すといいかもしれません。

過剰なダイエットしていませんか?

30代になると、20代の頃に比べて痩せにくくなります。代謝が落ちたということ以外に体を動かす機会が減るということも関係しています。とはいっても、女性ならいつでも綺麗でいたいですよね。そこで、無理な食事制限でダイエットをする人が増えています。

しかし、このようなダイエットは生理不順を招き、不妊症の原因にもなってしまうのでしっかり3食とるように心がけましょう。

生理前にプレ更年期症状が出たら?

プレ更年期,生理前

プレ更年期で起こりやすい症状は、頭痛・イライラ・のぼせといった症状です。生理前にこのような症状が見られる原因は一体何でしょう?

月経前症候群(PMS)を疑ってみて!

30代の女性であれば、ちょうど自分の親が更年期に入り、更年期障害に悩まされている時期かもしれませんね。そんな時に、自分も同じような症状が出てくると「これって更年期障害!?」と考えてしまいがちです。

しかし、30代女性で、生理前に症状がでる場合は月経前症候群(PMS)である可能性が高いかもしれません。

女性ホルモンが活発になる「成熟期」

プレ更年期の時期は、女性ホルモンの分泌からみると最も活発な「成熟期」と呼ばれる次期です。しかし、ストレスや不規則な生活が引き金となってホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。

これが生理前と重なると自律神経の乱れも伴って、イライラや頭痛などの症状が出やすくなってしまうのです。

月経前症候群(PMS)は、20代では見られなかったのに30代に入ってから症状が強くでるということもあるので、最近生理前になるとイライラしがち…という人は、漢方薬などを使って症状を抑えるのもおススメの方法です。

生理痛とプレ更年期の関係

プレ更年期,生理痛

30代に入ってから、20代でみられた生理痛がなくなったという人もいます。逆に30代に入ってから生理痛が酷くなったという人もいるのです。これって、プレ更年期と関係があるのでしょうか?

婦人科検診受けていますか?

婦人科検診とは、子宮頸がんや子宮体がんの検査のことですが、それ以外にも30代に入ったら定期的に婦人科で検査を受けることをおススメします。

30代では5人に1人が子宮筋腫を抱えていると言われています。また、子宮内膜症などの病気を起こしやすい時期です。

プレ更年期に入って生理痛が酷くなった…という人は、これらの病気を発症している可能性もありますので、早期発見・早期治療のために一度婦人科を受診することをおススメします。

30代は女性ホルモンが乱れやすい

このように、30代は更年期とは違った意味で女性ホルモンが乱れやすい時期でもあります。

生理痛や生理不順に効果があるのは、規則正しい生活とバランスの取れた食事です。しっかり睡眠をとって、なるべくストレスをためない生活を心がけましょう。

プレ更年期に入ってからの酷い生理痛は、子宮筋腫などの病気も考えられるので早めに婦人科を受診するようにして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい