プレ更年期の症状とは?プレ更年期障害の症状がでる年齢はいつから?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレ更年期は更年期の前の時期のことであり、30代後半から40代前半の時期にあたります。どの年齢・いつからプレ更年期の症状が出るかどうかは個人差があります。プレ更年期障害の症状が出る人もいれば、プレ更年期を経験せずに更年期障害になる人も多くいます。

ここでは、30後半で出やすいプレ更年期の症状や、40代前半で出やすいプレ更年期障害の症状について説明していきます。

スポンサーリンク

プレ更年期になりやすい年齢・いつから症状が出るの?

プレ更年期,症状,いつから,年齢

生理の前後になるとイライラやヒステリーになりやすい女性は多くいます。これは、生理周期に合わせて女性ホルモンのバランスが崩れるためです。

しかし、月経周期とは関係なく最近、頭痛やイライラが続いている、不安やうつ状態になることが増えてきたという場合は、プレ更年期の症状かもしれません。

更年期障害は聞いたことがある人も多いと思いますが、40代後半から50代前半の時期を「更年期」と呼んでいます。その前の30代後半~40代前半の時期が「プレ更年期」と呼ばれる時期です。

ですので、プレ更年期になりやすい年齢というのは30代後半~40代前半と言えるでしょう。いつから症状が出るのか?というのは個人差がありますが、早い人だと20代のうちから症状が出てくることもあります。

プレ更年期とはそもそも何?どんな症状が出たら注意するべき?

プレ更年期とは

プレ更年期とは、そもそも思春期や成長期、更年期といった年齢によるカテゴリー分けをした場合に、30代後半から40代前半にあたる時期のことを言います。この時期になると、更年期障害を発症する前から更年期障害に似たような症状が出ることがあり、それを「プレ更年期障害」と呼んでいるのです。

プレ更年期障害の症状は、月経周期のホルモンバランスによって起こる症状と似ています。月経が近づいてくるとイライラする、ヒステリックを起こしやすくなるという事が起こりますが、プレ更年期障害でも同じような症状が出ます。

それに加えて、頭痛や身体のほてり、倦怠感など精神的だけではなく肉体的にも症状が出てくるようになります。 このように、今まではなかったけれども、最近疲れがとれにくくなった、頭痛がいつまでも続くといった症状はプレ更年期障害のサインでもあります。

まだ若いから放っておけば治る…と放置しておかずに、しっかりと専門機関で治療してもらうことが大切です。

プレ更年期障害でもっとも起こりやすい症状は?

プレ更年期障害,症状

プレ更年期障害で多くの人が症状として訴えることが多いのが「イライラしやすい」ということです。何の理由もないのに、イライラしてしまう、ヒステリックになってしまう…ということはありませんか?

これまで月経が近づくとイライラしやすいという経験をしたことのある人は多いと思いますが、それが月経周期に関係なく起こってきたら、プレ更年期障害のサインである可能性が高いです。

イライラしてしまうと、ストレスも溜まってしまうので、さらにプレ更年期障害を悪化させてしまいます。 他にも、更年期障害の症状で代表的な「のぼせ・ホットフラッシュ」のような症状もあります。特に暑い訳でもないのに、大量に汗をかいてしまう、のぼせやすくなってしまった、という場合もプレ更年期障害の症状の一つであることを覚えておきましょう。

30代後半のプレ更年期でみられる症状は?

プレ更年期,30代後半,症状

女性ホルモンは20代前半をピークとしてその後、緩やかに減少していきます。これが急激に減るのが更年期にあたりますが、30後半からも女性ホルモンの減少幅が大きくなってきます。つまりアラフォーと呼ばれる30代後半からはプレ更年期の症状が出やすくなると言えるのです。

しかし、30代後半から見られるプレ更年期障害の症状は女性ホルモンの減少によるものよりも、ストレスが影響していることが多いようです。

特に、仕事でもキャリアを積んで責任の重い仕事を任されることが増える、結婚、出産などというようなことがあり、自分の周囲の環境が変わることでストレスを抱え込んで症状を引き起こす傾向が強く見られます。結婚、出産をしていなくても、周囲の友人の結婚・出産でプレッシャーがかかることも大きな要因の一つです。

30代後半のプレ更年期で見られる症状は、主にイライラやヒステリーが多いようです。他にも、ストレスが重なって生理が止まったり、月経不順になることもあります。ただのストレスによるものではなく、プレ更年期によって起こっている可能性もあるので、このような症状が続いた場合は婦人科で一度検査してもらうようにしましょう。

40代前半のプレ更年期でみられる症状は?

プレ更年期,40代前半,症状

40代前半のプレ更年期は、更年期の時期と近いことから更年期障害との見分けがつきにくいのが特徴です。しかし、まだ月経が順調にある場合にイライラやヒステリー、気分の落ち込みが激しいといった精神的な症状が強く出始めたらプレ更年期の症状である可能性があります。

30代後半の時期よりも40代前半になると、さらに女性ホルモンは減少してくるので、それによってのぼせやホットフラッシュの症状も出てきます。ストレスを過剰に溜めこんでしまうと、抜け毛が増えたり、円形脱毛症になってしまうケースもあります。

早い人では40代前半から更年期障害になる人もいるので、プレ更年期障害か、更年期障害かどうか分からない場合は病院でしっかりと診察を受けることが重要です。 若い時に過度のダイエットを繰り返していたり、元々月経不順の人、月経痛が酷い人は症状も現れやすいタイプと言えます。

プレ更年期と聞くと、言葉の響きで精神的にダメージを受けてしまう人もいますが、女性なら誰でも通る道ですので、症状が出始めたらすぐに治療を受けるといいでしょう。治療を受けてストレスやイライラが治まれば、気持ちも楽になるので無理しすぎないことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい