プレ更年期の原因と予防、改善・対策は?妊娠への影響はある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は40代後半~50代にかけて閉経を迎える時期のことを言いますが、その前の30代~40代でも更年期障害に似たような症状が出ることがあります。これが「プレ更年期」であり、ストレスなどが原因で引き起こされると考えられています。ここでは、プレ更年期の予防や改善・対策法を紹介します。また、妊娠への影響もあるので、妊娠を希望する女性は注意し、しっかりと予防対策をとっておきましょう。

スポンサーリンク

プレ更年期の原因は何?

プレ更年期,原因

プレ更年期の原因は、卵巣の機能が低下していることが原因だと考えられています。通常の更年期障害の場合は閉経に伴って女性ホルモンが減少することが原因ですが、プレ更年期の場合は加齢が原因ではありません。

卵巣の機能が低下しているということは同じですので、プレ更年期であっても、更年期障害と同じようなイライラ、うつ症状、頭痛、めまいなどが起こります。プレ更年期は更年期迎える前の30代~40代の女性でよく見られます。

原因となる卵巣機能の低下は、ストレスや不規則な生活が引き金となっていることがほとんどです。この時期は結婚、退職、出産、育児といった女性の転機となる出来事が重なる時期であり、それによってストレスが溜まりやすくなっています。

卵巣の機能も女性ホルモンの影響がありますが、ストレスによって自律神経のバランスやホルモンバランスが崩れてしまうため、このような症状が出てしまうのです。

プレ更年期の改善・対策法は?

プレ更年期,改善,対策

プレ更年期が原因と考えられるイライラ、不安、身体のほてり、動悸などの症状が見られたら、早いうちにプレ更年期の改善・対策法をとりましょう。プレ更年期の場合は、ストレスが一番の原因と言われていますので、改善・対策法としてはストレス軽減が一番です。

真面目な人ほどストレスを抱えやすい傾向にありますので、上手にストレスを発散する方法を見つけることが大切です。悩みを一人で抱え込まず、周囲の人間に頼って助けてもらうという意識を持つことも重要です。 また、出産・育児によるストレスでプレ更年期を発症してしまうケースもあります。この場合は、不規則な生活によって寝不足や食生活の乱れが原因となっています。

プレ更年期の改善・対策法は、やはり「規則正しい生活」を送るように心がけることです。とはいっても、小さい子どもがいる場合は、育児によって寝る時間が不規則になりがちです。不規則な生活に加えてストレスも溜まりやすい状態ですので、この場合も旦那さんや両親など自分の周囲に助けを求められる環境をつくっておくことが重要です。

プレ更年期は妊娠への影響はある?

プレ更年期,妊娠,影響

プレ更年期に当たる時期は妊娠出産をする時期と重なることで妊娠への影響があるのか?と心配することもあると思います。プレ更年期の症状が出ているということは、卵巣の機能が低下しているということですので、妊娠への影響も少なからずあると言えます。月経不順の人、月経痛が酷いという人は一度婦人科を受診して診察を受けてみることをおススメします。

また、すでに不妊治療を受けている場合は治療によってプレ更年期のような症状が出ることもあります。症状がツライ場合は担当の医師に相談するようにしましょう。 その他、別のケースでは30代後半になって月経がこなくなりプレ更年期障害になったかと思ったら、妊娠していたというケースもあります。

プレ更年期はこのように妊娠への影響がありますが、妊娠しているという場合もあるので、自分で判断できない場合は専門医に診てもらうことが大切です。 特に、これから妊娠を希望している人は早めにプレ更年期障害の治療をすることが重要です。卵巣の機能が低下しているということは、卵子の質が悪くなっていることや、排卵ができなくなってしまい妊娠への影響がある可能性があります。

プレ更年期が妊娠への影響をもたらすというよりも、妊娠しにくい状況とプレ更年期を発症しやすい状況は似ているとも言えます。不妊治療をすることで、妊娠しやすい体質を作るだけではなく、プレ更年期の改善にも繋がりますので早めに病院にいくことが重要です。

プレ更年期を予防するには?

プレ更年期,予防

プレ更年期を引き起こす一番の原因はストレスです。そのため、プレ更年期の予防はストレスを溜めないようにするのが一番です。ストレスを感じていないと思っていても、身体は疲れてストレスを溜めこんでいる可能性もあります。それが続くことによって卵巣機能の低下を招き、30代~40代でプレ更年期になってしまうのです。

毎日の生活に軽い運動を取り入れる、休みの日は自分の好きなことをして過ごすというように、自分なりのストレス解消法を見つけて上手に予防していきましょう。

また、プレ更年期の症状が出てくると不安感やうつ様症状が見られることもあります。このようなプレ更年期のサインを見逃さずに、早めに治療を始めることも症状を悪化させるのを予防することになりますので、最近「気持ちが落ち込みやすい」、「イライラしやすい」という人は、婦人科や精神科を受診してみるといいでしょう。

他にも、プレ更年期の予防には、アロマセラピーや漢方がいいと言われています。通常30代~40代で発症すると言われていますが、早い人だと20代でプレ更年期になってしまう人もいます。

身体がツライな、と感じた時は無理をせずに休養するということも大切です。 当たり前のことですが、疲れている時は早めに就寝する、3食しっかりと食事をとる、バランスのいい食事を心がける、過度なダイエットをしない、ということがプレ更年期の予防になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい