PTAと仕事の両立はどうする?働くママが仕事とPTAを上手にこなすコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が幼稚園や学校に通うようになると、必ずついて回るのが「PTA」。

専業主婦でも、仕事をしていても否応なしに役員が回ってくるシステムで、当たってしまえば1年~2年は会議などに出席せねばなりません。

広報委員のように行事のたびにカメラを持って走り回る役もあって、ボランティアとは思えないほど負担が大きい場合もありますよね。

仕事を持っていると余計に時間のやりくりが大変だと思いますが、みんなどのように切り抜けているのでしょうか?

スポンサーリンク

役員は「断らない」が暗黙の了解

shutterstock_345058787

毎年春になると、ママ達の間でこんな噂話が囁かれます。「○○さん、役員に当たったのに逃げたらしいわよ」

確かに、やりたくないという身勝手な理由で逃げる人もいるのですが、本当の事情はその人にしか分からないので、もしかしたら家に介護の必要なお年寄りがいたり、人には言いにくい精神的な病気を患っていたりするかもしれませんよね。

それなのに、ただ役員から逃れたというだけで「卑怯な人」とレッテルを貼られてしまうのですから、たまったものではありません。

かといって、本当の事を話したら話したで、今度はそのことを面白おかしく言いふらす人が出てくるのでどうしようもないのですね。

そのため、多くのママはたとえ役員ができない事情があったとしても無理に引き受け、仕事や家庭との板挟みで苦労することになります。

それでも、自分や子供が後ろ指を指されるよりはずっとマシなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい