慢性関節リウマチは正しい知識と治療で改善できる!合併症にも警戒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期や閉経後などに注意したい病気のひとつに「リウマチ」があります。

リウマチと聞くと痛いイメージが先行しますよね。

ここで紹介するのは慢性関節リウマチです。

慢性関節リウマチは、全身の関節に炎症が起きてしまい、それが持続的に続く症状であり、倦怠感や食欲不振といったものも見られ、体がダルく感じられ日常生活が困難になる病気です。

慢性的に続く症状なので、精神的なダメージも大きく、根気よく治療していく必要があります。

スポンサーリンク

関節リウマチによる手足の変形と合併症

間接に長期に渡る炎症が続きますと、間接部分の軟骨や組織が壊れてしまい、腱が切れたり、筋肉が硬直したりして、尚且つ痛く感じるのであまり動かさないですから、独特な変形をしてしまうのです。

手足が変形してしまうと自分の思った行動が取れず不便に思う事が増え、ますます精神的にも塞ぎ込んでしまい、外出する事も減り、体力も低下してしまいます。

また全身に炎症が見られる病気なので、合併症も多く、心膜症や胸膜炎といった炎症系の病気、末梢神経炎等の痺れが起きる病気、貧血等があり、こちらの治療も必要となってきます。

慢性関節リウマチの検査と診断方法

関節リウマチの検査方法ですが、主に血液検査となっており、血液内のそれぞれの値を調べて細胞や臓器の異常を調べます。

またX線検査を行ない進行度の判定も併せて行ないます。

それらの検査を基に診断や治療法を決める訳ですが、スコアリングで判定します。

小関節数か所に症状が見られたら3点、血清学的検査で低陽性なら2点、急性期反応物質が正常なら0点、症状が持続する期間が6週間以上なら1点という風に4項目の中で6点以上なら関節リウマチと診断されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい