• 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
目次

■閉経前後の生理周期はどう変化する?

■また生理が来る理由は?生理が復活、再開したは勘違い?

■生理痛のような痛みがある場合に考えられることとは…

◇自律神経の乱れによるもの

◇子宮に病気がある場合

■閉経後の出血は病気のサインかも!

更年期の後期を迎えると徐々に生理回数が減っていき次第に閉経を迎えます。しかし閉経後に出血があり生理が再開したのかなと思ってしまいませんか?では実際にまた生理がくるのでしょうか?また同時に生理痛のような痛みを伴う場合があります。では閉経後の生理のような出血は実際に起こりうるのでしょうか?

スポンサーリンク

■閉経前後の生理周期はどう変化する?

40代後半から訪れる更年期は閉経前後10年間の長い期間でエストロゲンの減少によって卵巣機能が徐々に低下していき閉経を迎えます。通常の生理周期は25~38日ですが、閉経に近づくにつれて生理周期は次第に伸びていき、毎月来ていた生理も39日以上の間隔をあける稀発月経や、90日以上の間隔があく続発性無月経となり、二か月おき、三か月おき、半年と徐々に間隔が長くなっていきます。

また女性は生涯に排卵する数が決まっており、長年の生理で一定数排卵をしたことやエストロゲンの減少による卵巣機能の低下によって排卵が行われなくなり、無排卵月経となることで生理周期はさらに長くなり閉経に向かって体が準備し始めます。前回の生理から一年経っても生理がこない場合には閉経を迎えたと考えてよいでしょう。

■また生理が来る理由は?生理が復活、再開したは勘違い?

通常、一度閉経を迎えた後に生理が再開されることはありません。エストロゲンの分泌量の減少に伴ってプロゲステロンは分泌も減っていき卵巣の機能が完全に停止して排卵と子宮内膜の肥厚が行われなくなるためです。もし生理が再開されるようであれば前回の生理から1年経っていない場合が考えられます。また閉経の目安は前回の生理から1年というだけであり、前後1か月の範囲で再び生理が来ることは十分に考えられます。

更年期の生理周期は卵巣機能の低下によって生理周期が伸びていき、卵巣機能が停止して排卵を行わなくなることで無排卵性月経になります。無排卵性月経は90日以上の間隔をあける無月経を引き起こし、これによってさらに生理周期の間隔が長くなるのです。

エストロゲンは少なからず分泌されているので前回の生理から半年の期間が空いていても翌月に生理が訪れることもあります。ここで気を付けておきたいのは、出血により生理が再開したと思っていても実は不正出血であった場合です。

閉経前後は経血の出血量が少なく2日で終わってしまうことがあります。不正出血は子宮や卵巣に異常があるサインですので血液が治療に出たりおりものに血が混ざっていたり鮮血などの通常と様子が違うようであれば診察を受ける必要があります。

正確に閉経を迎えたと判断するためには基礎体温を測定し高温層がなく一定になっていることや婦人科でホルモンの検査をすることで閉経を確認することができます。

■生理痛のような痛みがある場合に考えられることとは…

閉経後に生理痛のような下腹部の痛みを伴う場合には更年期障害の症状の一つである自律神経の乱れによって起こるものと、子宮に異常があって起こるものとがあります。

◇自律神経の乱れによるもの

自律神経は交感神経と副交感神経によって相互の働きをしています。交感神経によって心拍数を上げたり血管を収縮させたり呼吸の気管支を拡張させる働きをします。副交感神経は腸の蠕動運動や胃酸の分泌を行っています。

しかし更年期になると自律神経のバランスが乱れてしまい交感神経と副交感神経がうまく働かなくなり腸の蠕動運動が鈍くなり便秘になってしまいます。過敏性腸症候群や神経性の胃炎などによって生理痛のような腹部の痛みを引き起こします。

胃炎や便秘、下痢が続くようであれば薬を服用するほかに食生活の改善や適度な運動を心がけましょう。

◇子宮に病気がある場合

子宮に何らかの異常がある場合には下腹部に激しい痛みを伴います。子宮内膜症は激しい生理痛の他にどろっとした血の塊がある場合や、子宮のあらゆる場所に腫瘍ができる子宮筋腫や子宮体がん、卵巣がんなどの悪性腫瘍によって引き起こされます。

どの病気もエストロゲンの関与により引き起こされ更年期の閉経前後でも十分おこる病気です。閉経後に生理痛がある場合には体に異変が起こっているサインですので早急に病院を受診しましょう。

■閉経後の出血は病気のサインかも!

閉経後の出血はいくつか原因が考えられます。閉経を迎えてもエストロゲンは微量ながら分泌していますので、閉経して間もない場合は小量ですが子宮内膜が剥がれ落ちることで出血します。色は経血の暗赤色というよりは子宮内に滞っていたことで酸化し茶色のような色をしています。

また卵巣機能の低下や閉経に伴って萎縮性膣炎という膣の壁が薄くなる症状によって膣の潤いがなくなり慢性的な膣炎や尿路機能障害を引き起こします。萎縮性膣炎は排尿後などに出血を伴います。

気を付けておきたいのは閉経前後の女性がかかりやすいとされる子宮体がんや卵巣がんです。どちらもエストロゲンが起因して起こる病気で不正出血が起こります。特に子宮体がんは早期の段階で不正出血の症状が起こるため早期の段階で発見し治療を受けましょう。また現在ではがん検診を行える病院も多いため2年に1度受診するようにしましょう。
 閉経は前回の生理から1年生理がこないことで閉経と考えます。ですから再び生理が来ること通常考えられません。しかし閉経を迎えて間もないころは残っていた子宮内膜が剥がれ落ちて出血する場合があります。また更年期障害によって自律神経が乱れて生理痛のような痛みを引き起こすことがあります。

閉経後の出血は子宮や卵巣に異変が起きており膣炎だけではなくがんなどの早期治療を必要とするものがあります。閉経後に出血があった場合には病院に行き診断を受けましょう。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
  • 更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
  • 閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
  • 生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
  • 閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
  • 閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
おすすめの記事