更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代、40代、50代と年齢を重ねると、生理の周期や状態も気になる人も多いでしょう。更年期や閉経の年齢で、生理が止まらない・生理が終わらない、長くだらだら続く、生理がこないなどの生理不順で不安になる女性も少なくないのでは?

では、なぜ更年期に生理が止まらない、生理が終わらないという症状の理由は?原因は?

また、閉経で生理がこないことが不安、閉経後に生理がきたなどの声もあったりしますが、更年期・閉経年齢の女性の体にはいったいどのような変化が出ているのでしょうか?

スポンサーリンク

更年期に生理が止まらない女性が多いのは…

生理が止まらない

40代以降でなかなか生理が止まらない症状は更年期?

これまで順調に定期的にきていた生理が、更年期を迎えたころに突然、生理不順が起こり、生理以外にも不正出血などがでてきたりするケースがあります。そして、更年期の生理は頻発したり長引いたりすることもあります。

原因は、更年期のホルモンバランスが影響している可能性もありますし、それ以外の病気で症状が表れている可能性もあります。更年期の場合は他にも症状があるので、総合的にみて判断する必要があり、婦人科で診察を受けて確認しましょう。

更年期の生理が止まらない症状の注意点

生理や不正出血が続くということは体内の血液が大量に失われていくことになるので、貧血の怖れ、最悪の場合には命に関わってくる病気の可能性も完全否定はできないので注意が必要です。

更年期に生理が止まらない理由

生理が止まらない

女性の生理が止まらなくなる理由として最も多いのはホルモンバランスの乱れです。特に30代後半のプレ更年期の時期から40代、50代の更年期にかけて女性ホルモンが急激に減少していきます。

そして、50歳前後で閉経を向かえて、次の50代後半、60代、70代と、老年期を過ごすために身体が変わっていくので、ホルモンバランスも大きく変化します。それによって生理周期が乱れてしまい、生理がとまらない生理がこないといった症状が起こります。

更年期に生理が止まらないときの治療方法

生理,止まらない,治療

更年期に起こる生理不順はごく自然のことですが、症状に不安があったり辛い場合には医師の診断を受けましょう。更年期のホルモンバランスの変化によって起こる不正出血の場合は、止血剤を使い、症状が改善されない場合にはホルモン剤を使う治療が行われたりもします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい