生理不順と不正出血の予防と対策は?卵巣機能と生理周期の改善方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常の生理周期は25日から38日の間で起こりますが、生理が短くなったり、長くなったりするのが生理不順であり、こうなってしまうと卵巣機能が低下してしまいます。

さまざまな理由で不正出血も起こりますので、そうならないための予防と対策が必要になります。

スポンサーリンク

さまざまな生理不順から起こる不正出血

生理不順といっても種類がありまして、黄体ホルモンの減少で起こる生理周期の短い頻発月経、ストレス等の理由で月経が39日以後になる稀発月経があり、1年以上月経がない場合に閉経と言われます。

閉経を迎える時期になると機能性出血が起こる事も多く、その他にも過長月経による出血量増加で貧血になる事がよくあります。

不正出血の中には病気が関係しているものもある

閉経後に迎える機能性出血は自然と治る事が多いですが、過長月経の場合は子宮内膜症などの病気が原因である可能性が高く、このような病気と関連している出血は器質性出血と呼んでおり、月経前や月経後の出血が止まらない場合は、早めに病院に行かれる事をおすすめします。

生理不順の時におすすめの食べ物と栄養

生理周期の乱れを予防したり、治したりするためには女性ホルモンであるエストロゲンの摂取が一番になります。

サプリメントではなく、食べ物から摂取する場合はイソフラボンを含んでいる大豆製品がおすすめになります。

規則正しい生活もしないといけませんが、貧血も予防しないといけませんので、鉄分やミネラルも積極的に補給しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい