更年期の生理が異常?生理不順の原因は?更年期女性の生理不順治療とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理不順は更年期を迎えた人なら誰もが経験する症状です。

生理不順は更年期の初期症状としても自覚する人が多い特徴があります。

生理不順もそうですし、更年期障害の症状についても、悩む期間には個人差があるので、みんなが同じ症状で同じように閉経に向かっていくわけではありません。

更年期と生理は女性の人生で切り離せません。

更年期障害生理不順も受け入れるために知識を身につけておくことが大切なんです。

スポンサーリンク

生理不順と更年期の関係性

生理不順,更年期

✔ 更年期の生理不順はなぜ起こる?

⇒ 生理周期は女性ホルモンの影響を受けてコントロールされています。

女性ホルモンの分泌が減少して十分でない更年期はホルモンバランスが崩れて生理不順が起こります。

✔ 更年期の生理不順は放っておいても大丈夫?

⇒ 更年期に生理不順が起こるのは、身体の自然な反応ですが、更年期ではないのに放っておくのは病気の怖れもあるので、本当に更年期かどうかを知るためにも婦人科での診断をおすすめします。

更年期に起こる生理周期異常の生理不順

更年期,生理不順,生理異常

生理不順は主に生理周期の異常や経血の量の異常のことです。

更年期は、ホルモンバランスが乱れるので、この両方に影響が出て、周期が短くなったり長くなったり、経血量が増えたり少なくなったりという症状が起こります。

とくに更年期初期の症状で多いといわれているのが頻発月経で、生理周期が25日以内と短く、頻繁に生理が来る状態です。

また、閉経が近づくにつれて生理はとびとびになり、いつくるのか把握できなくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい