生理前症候群症状チェック!生理前症候群の吐き気・微熱・頭痛・眠気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理前症候群は、生理のある女性の多くが一度は経験した事があると言えるでしょう。

生理前症候群とPMSは同じです。月経前症候群とも呼ばれています。

生理前症候群吐き気微熱頭痛眠気腰痛下痢など様々な症状がでてきます。

まずは生理前症候群の症状をチェックしてみましょう。 その前に生理前症候群の症状に関して、およそ8割の女性が何らかの悩みを抱えているとされています。

中でも、20代の若い世代、30代~40代のプレ更年期世代は特に生理前症候群が起こりやすい年齢です。

その為、この年齢の時には特に注意するようにしましょう。

生理前症候群の原因は不明ですが、女性ホルモンやセロトニンといった神経伝達物質によるものではないかと言われています。

スポンサーリンク

生理前症候群はいつから?

生理前症候群,いつから

生理前症候群がいつから始まるかというと、主に生理の1週間前とされています。

1週間前のこの時期は、黄体期と呼ばれ、黄体ホルモンの分泌量が増える事が知られています。

しかし、誰しもが必ず黄体期から始まるというものではなく、個人差があります。

その為、2週間前から始まる女性もいれば、直前に始まる女性もいます。

その為、いつから始まるのかということを明確に表現する事は難しいでしょう。

生理前症候群の症状

生理前,症状

生理前症候群は、大きく精神面と肉体面の2つの症状に分類する事ができます。

生理前症候群-精神面

うつ状態、不安感、イライラ、怒りっぽくなる、寝付きが悪くなる、眠気など

生理前症候群-肉体面

めまい、吐き気、下痢、頭痛、腰痛、肩こり、ニキビ・肌荒れなど。

これらの症状はあくまで一例ですので、これ以外の症状が現れる可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい