子宮頸がんの発生率は?潜伏期間が長く好発年齢は50代がピーク!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の病気でも大きな病である「癌」には乳がん、子宮頸がん、子宮体がんなど複数あり、女性にとっては不安な病気です。

女性特有の癌のひとつである子宮頸がんは、近年では発生率や死亡率は低くなって来ていますが、更年期を迎える50代や60代が発症する事が多く、そのまま体力が衰えたり、老けたりするケースは多々あります。

子宮頸がんを防ぐためにも検査をして、予防しておく必要があります。

スポンサーリンク

50代、60代女性は特に子宮頸がんに注意

Q:子宮頸がんの治療はどんなものがありますか?

A:一般的ながんの治療は、手術、化学療法、放射線治療となっていて、これらと変わりありません。

潜伏期間も長く50代の頃まで気付かなかったという事もありますが、子宮がん検診が普及してきているため、早期に治療される事が多くなって来ています。

Q:子宮頸がんの種類は2種類ありますが、治療内容は違うのですか?

A:子宮の膣に近い部分のがんになるのですが、扁平上皮がんと腺がんに分類されますが、前者の方が一般的な治療でも大丈夫です。

腺がんの方は早期発見がし辛く、放射線治療の効果が低いと言われています。

子宮頸がんになる直接的な原因とは

この部位にがんが発生する原因は、ヒト・パピローマウイルスに感染して長期化した時に稀に起こると言われています。

ウィルスの感染は営みによってなされるのですが、それだけで病気になる訳ではありません。

多くの方が感染しても免疫力を持っているために消滅していくのです。

男性と行為を行った女性の8割近くはウイルス感染をした事があると言われていますが、必ずしも病気にはなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい