子宮体がんは更年期・閉経期・閉経後(40代、50代、60代)に注意!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性特有の癌(がん)の一つである子宮体がんは、あまり検診しない部位にあたりますので、なかなか早期発見が難しくなっています。

40代~50代の更年期40代~50代での閉経期閉経後の50代~60代頃に、子宮体がんを発症する確率が増加するため自発的に検診することをおすすめします。

近年では子宮体がん発症が増加傾向、若年化傾向にあると言われていますので、少しでも怪しいと感じたら婦人科に行きましょう。

スポンサーリンク

子宮がん検診について

子宮がん,検診

子宮がん検診は更年期の方もした方が良いのでしょうか?

⇒ 20歳から推奨していて、営みの経験がある方は主に子宮頚がんの検診が必要となって来ます。

しかし、それ以外の方にも発症する恐れがあり、40代以降も検診をした方が良いでしょう。

子宮がん検診と子宮体がんの検診の違いは何ですか?

⇒ 子宮のがんで圧倒的に多いのが子宮頸がんになりますので方法が違います。

子宮内部の細胞を取る方法になりますので、少し痛みがあり、少量出血する事があります。

また子宮内部と言っても広いですし、負担が大きく、若い人ほど掛からない病気なので、一般的な検診では診ないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい