しみ・そばかす消したい!期待できる「しみ・そばかす」対策とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は30代から40代、40代から50代、60代へと年齢を重ねるごとに『しみそばかす』が気になってきます。10代、20代の若い頃に無意識に吸収していた紫外線による肌ストレスで、だんだん肌のターンオーバーが正常にできなくなってくると顕著に肌に出てきてしまい、更年期女性は特に肌年齢が老化していくことを感じてしまうのです。

そんな中、『しみを消したいそばかすを消したいしみ・そばかすを消す方法や効果が期待できるな化粧品を知りたい!』と強く思う40代、50代、60代女性は非常に多いです。しかし、対策用の化粧品や消す方法などの情報が多く、実際のケアに困っているという方も少なくありません。

こちらでは化粧品や積極的に取りたい栄養素など、ケアのコツをまとめています。 歳をとってからのしみ・そばかすは、若い頃の肌と比べれると消えにくいですが、諦めないでほしいです。まずは、キレイな肌を求めて出来ることからチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

なぜ、しみ・そばかすを消したいのか?

しみ,そばかす,消したい,女性

女性は仕事をしている方はもちろん、外に出る機会が多いという方はできることなら、目立つ「しみ」や「そばかす」を消したいと思っているのではないでしょうか。仕事に限らずお子さんの送り迎えがあるという方や趣味で習い事をしている方など人と接する機会が多い方にとって、肌の身だしなみはどうしても気を使う部分なのです。

また、何歳になっても若い頃の肌を求める女性や綺麗を追求する女性にとって、しみ・そばかすはストレスなのです。

しみ・そばかすに効く化粧品とは

しみ,そばかす,化粧品,効く,効果

特に化粧品のなかでも美白化粧品に分類されるものがよりしみ、そばかすに効果が期待できる化粧品として多くあげられているようです。インターネットなどで話題になっているのはポーラが販売しているサエルのシリーズです。サエルのシリーズは厚生労働省の認可を受けている美白成分を配合しているほか、抗炎症・抗酸化成分も含まれていることからアンチエイジングの効果も期待できるようです。

40代、50代の更年期、60代のしみ・そばかす

更年期,女性,しみ,そばかす

しみ、そばかすを消すことを考えている方は多いようですが、しみ、そばかすは歳をとればとるほど「消す」というのは難しくなってきてしまいます。新陳代謝の問題やターンオーバーの間隔がどんどん遅くなってきてしまうため自力で行えるケアとしては「消す」よりも「薄く」するという表現のほうが近いものになります。

40代、50代の更年期の女性や60代前後の女性も実感しているのではないでしょうか? しかし、しみ・そばかす対策はしても意味はないの?と諦めないでください。個人差はありますが、しみ・そばかすを消す努力やチャレンジをして「しみ・そばかすが消えた」「しみ・そばかすが薄くなった」など、効果が出てくる女性もいるようです。

しみ・そばかすに効果が期待できる栄養素

しみ,そばかす,効く,栄養素

しみ、そばかすに影響を与えられる栄養素としてはビタミンAやビタミンCなどが主なものとしてあげられます。ビタミンAに関してはできてしまったしみ、そばかすに対してではなくできてしまう前の予防として有効な栄養素でかぼちゃや牛乳、レバーなどに多く含まれています。 ビタミンCは耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、かんきつ類に多く含まれ、さつまいもやレンコンなどといった根菜にも含まれている栄養素です。ビタミンCはできてしまったしみ、そばかすに影響を与えられる栄養素であると考えられています。

できるだけ、しみ・そばかすを消したい

しみ,そばかす,消す,方法,レーザー

より効果が期待できるのは、皮膚科で受けることができるレーザーを使った方法です。しみ、そばかすに直接レーザーの光を照射して色素沈着を消す方法ですが、医師の診断によっては必ずしも施術を受けることができるとは限らないようです。

そのほか、自分でできるしみ、そばかす対策)としてはやはり気長に化粧品などの美白ケアによるものが一番手堅い方法となってくるのではないでしょうか。

しみ・そばかすを消したいなら、まずは医師の診断を

シミ,そばかす,消したい

急いでしみ、そばかすを消したい!今すぐ消したい!と強く思われる方は、まず医師の診断を受けてみることが解決につながるはずです。必ずしもすぐに効果が期待できるレーザーの施術を受けられるとは限りませんが時間にも余裕がないようであれば一番早い方法になるはずです。 しみ・そばかすを消すにも個人差があります。もちろん年齢も関係してきます。

しかし、ストレスになるほど悩んでいる女性は、すぐにでも医師に相談するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい