心筋梗塞の予防におすすめ抗酸化食品!肥満解消や食生活の改善も重要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心筋梗塞は命に関わる病気になりますので、日頃から気を付けておきたいですが、これを予防するためには動脈硬化を防がなければなりません。

そのためにも特に更年期は食生活の改善や肥満の解消が重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

抗酸化食品とは

抗酸化食品

✔ 食生活の改善に良い食事はありますか?

⇒ 活性酸素を抑える作用を持っている抗酸化食品が今注目を浴びています。動脈硬化や心筋梗塞を含めて生活習慣病の原因と言われているのが、活性酸素です。

ストレスやタバコやお酒で発生する活性酸素を少しでも抑えるために抗酸化食品がお薦めになります。

✔ 抗酸化作用のある食品はどんなものがありますか?

⇒ まず抗酸化物質と呼ばれるものは、フィトケミカルと呼ばれるカロテノイドやポリフェノールがあり、ビタミンやCoQ10等がそれにあたります。

具体的に言えばブルーベリー、そば、大豆、ゴマ、緑黄色野菜等になりますが、何事もバランスが大事です。

抗酸化食品を意識して摂取する必要があるのか?

心筋梗塞の予防のために抗酸化作用のある食品を食べた方が良いのですが、日頃から摂取している栄養の中にも多くの成分が含まれています。

ですから、食生活の改善や好き嫌いの見直しだけでも生活習慣病を克服する事も可能なのです。

もちろん肥満の改善にも繋がりますので、バランスの良い食事を心掛けて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい