白髪の原因は女性特有のものもある?30代から注意したい白髪対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に白髪になる理由は加齢によるものが多く、「白髪」と聞くと50代や60代からの悩みと思いがちです。

しかし、30代の女性でもその兆候は見られます。

妊娠の時期が重なるとホルモンバランスが乱れて、髪の毛が白くなる事もありますが、一過性で再び黒い髪の毛に戻ります。

しかし、育児や妊娠によるストレスから改善されない事もありますので気を付けなければならないのです。

白髪の原因を知り、人によっては若いうちでも白髪対策は必要になってきます。

スポンサーリンク

30代女性が白髪になる主な原因

30代から加齢によるものがチラホラと現れますが、本格的に白くなるのはまだ早い年代になります。

それ以外の理由で大きいのが生活習慣です。

もともとの遺伝によるものありますが、貧血気味、冷え性体質、栄養不足、低血圧、胃弱体質といった日常的な体質がストレスや疲労が続く事が引き金となる場合が多々あるのです。

妊娠による不安定な時期が引き金になる事も

白髪になる原因として大きいのがストレスになります。特に妊娠・出産・育児をしている女性には、体力的にも辛いですが精神的負担もかなり掛かります。

さらに妊娠から出産後までの女性ホルモンの分泌は不安定な状況で毛が濃くなったり、薄くなったりしますので、それによる影響や精神的なショックやケアの間違いが関係している事もあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい