ストレスが病気の原因に!40代・50代の働く女性は病気に要注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害に罹る女性は全体で70%を超えると言われていますが、40代・50代でキャリアウーマンとして働いている女性ですと、80%以上の方が更年期障害になっていると言われています。

その主な原因は仕事等からくるストレスであり、神経を多く使う分だけ身体にも精神的にも負担が多くなっているのでしょう。

何故、このようになってしまう事が多いのでしょうか。

スポンサーリンク

精神的に追い込まれる事が病気の後押しになる

人間の多くは、さまざまなストレスを抱えながら生きていますが、それが許容範囲を超えると大きな影響を与えてしまいます。

特に40代・50代の方は更年期障害を迎える年齢でもありますので、さまざまな障害を引き起こしてしまう恐れがあります。

仕事をしていると逃れなれないプレッシャーが多く、そういうポジションに任されている年代になりますので、病気のキッカケとなる場合が多々あります。

キャリアウーマンならではの悩みもある

ストレスやそれから来る病気のために辞めたいと考えている方が多くても、辞められない事情を抱えている年代でもあります。

経済的な事情だけではなく、仕事柄すぐに辞められなかったり、休む事も出来なかったりして、うつ病になる事も少なくありません。

更年期障害の症状があっても休めない

専業主婦として頑張られている方でも更年期障害になりますが、キャリアウーマンの場合だと簡単に休む事ができないだけではなく、周囲の理解がないと苦労する事が多いです。

人によって症状がさまざまですが、体温が熱くなったり、身体が痛くなったりしても仕事中に衣服を緩くして休憩したり、リラックスしたりするのは難しいです。

ちょっとした事が長く続き、症状を悪化させて、ストレスも溜まっていき、悪循環に陥るのです。

うつ病に派生する危険性も高い

自分自身の症状によって、苦労する人が多いですけど、バリバリと働いているキャリアウーマンの場合は環境によってのストレスが物凄く掛かりますので、専業主婦の方よりもうつ病になりやすいと言われています。

40代・50代の仕事で忙しい人の病気対策とは

ストレスを緩和させるには、リラックスしたり、休んだりするのが一番ですが、仕事を頑張っている40代や50代の方は忙しいので、休めない事が多いです。

そういう時の対策はサプリメントを利用すると良いでしょう。女性ホルモンを外から補給してホルモンバランスを整える事で、心身共に落ち着かせてくれます。

最近では大豆イソフラボン、マカ、ロイヤルゼリーが好評のようです。

これらを補給するだけでも全然違ってくるはずですよ。