妊娠一覧

妊娠・妊婦の生理痛のような痛み、臨月・産後の痛みの原因は?陣痛との違いは?

生理中だけではなく生理前から生理痛が始まる人は多くいます。さらに妊娠して妊婦さんになると、生理痛のような痛みが起こることもあります。体調や体質などの変化も増えてくるので、臨月に入ると「陣痛に気づくのか?」と不安に思う女性も多いようです。臨月や産後に生理痛のような痛みが起こることも多いようです。

生理がこない原因は妊娠?更年期?30代で生理がこない‥閉経の兆候?

生理がこないと不安になりますよね。もしかして病気?妊娠?と色々と考えてしまうものです。40代を過ぎてからの生理がこない原因は更年期に入ったからだと考えられます。しかし、30代で生理がこない人の場合は少し注意が必要かもしれません。早くに閉経してしまう可能性だってあるのです。

閉経前の排卵痛・排卵出血の原因は?排卵回数や妊娠可能な排卵は分かる?

閉経前に排卵痛や排卵出血を起こす女性は多くいます。ただ、20代、30代の排卵痛とは少し違う排卵痛です。更年期に入ると卵巣の機能が低下してくるので生理と排卵にも大きな変化が出てくるためです。また、閉経時期の基礎体温、排卵回数、妊娠なども気になるところです。

更年期の基礎体温(高温期・低温期)は閉経が近づくとガタガタになる?

妊娠を希望していた20代、30代の頃は、基礎体温を測っていた女性も多かったと思います。一方、更年期に入ると基礎体温をつけなくなる女性が多い気がします。更年期の基礎体温は、高温期・低温期などを含めてどのように変化していくのか?閉経時は基礎体温がガタガタになりやすいといいますが、実際はどうでしょうか?

閉経後に生理痛?生理復活・再開?閉経一年後にまた生理がくる理由

閉経後に生理が復活・再開することはあるのでしょうか?稀に閉経を迎えた一年後に生理がくる女性もいるようです。基本的には閉経後にまた生理がくるということは考えられません。一方、閉経後に生理痛に似た痛みを感じることはあります。今回は、生理痛と閉経後の生理の再開について解説していきます。

閉経と生理!閉経はいつ?閉経前・閉経期・閉経後の生理と妊娠の可能性

閉経が近づく年齢になるといつ閉経になるのかよく考えることが多くなると思います。そこで、閉経の目安として、閉経前・閉経期の生理の変化をまとめました。あわせて、閉経後に生理が再開することがあるのか?妊娠の可能性についても紹介しています。

閉経後の妊娠方法や可能性は?閉経後、早発(早期)閉経後の妊娠確率

最近は、不妊治療を受けている女性も多く、30代、40代で結婚する人も増えてきた影響もあるようです。しかし、治療を受けていてもなかなか妊娠することができずに閉経を迎えてしまったら?閉経後に妊娠する方法や可能性は?また、30代で閉経してしまう早期(早発)閉経後の妊娠確率は?チェックしていきましょう。

閉経後に妊娠?閉経と妊娠の違い!妊娠の可能性・症状・判断・体温変化

最近では40代で出産する人も増えてきており、40代後半で妊娠・出産をしている芸能人の方も多くいますよね。ですが、自分が閉経と思っていたら妊娠していたらどうしますか?望まない妊娠をしないためにも、閉経と妊娠の関係、妊娠する可能性があると判断できる症状や体温の変化を解説します。

閉経年齢と時期!閉経の平均年齢・症状や妊娠は?早い閉経と遅い閉経の違い

女性によっては生理が煩わしく感じる人もいますが、いざ閉経時期になると周囲が閉経を迎えた年齢が気になります。自分は早い閉経?遅い閉経?女性の閉経が起こる平均年齢や時期とそれに伴う症状をお伝えします。生理がこないのは妊娠?と気になる女性のために、閉経が近い人が妊娠する可能性なども紹介したいと思います。

早期閉経(早発閉経)と若年性更年期障害の原因・症状・治療・妊娠

若年性更年期障害になる20代、30代女性のうち、症状が出始めてから早期閉経・早発閉経になる女性と、早期閉経・早発閉経後に若年性更年期障害になる女性に分けられます。早期に原因を見つけて治療すれば、月経が回復する女性もいますが、閉経のままだと妊娠できなくなってしまうので、早期治療が大切です。

若年性更年期障害の年齢・原因は?20代30代女性の症状や妊娠への影響は?

20代30代の女性で、生理が不順、冷え性、頭痛の症状を感じてきた女性は若年性更年期障害かも?特に20代30代の女性で、短期間でダイエットを行い、急激に体重を落とした経験のある女性は月経周期が狂い若年性更年期障害を引き起こす原因になってしまいます。また、妊娠への影響も気になるところです。

プレ更年期の原因と予防、改善・対策は?妊娠への影響はある?

30代~40代でも更年期障害に似たような症状が出ることがあります。これが「プレ更年期」であり、ストレスなどが原因で引き起こされると考えられています。ここでは、プレ更年期の予防や改善・対策法を紹介します。また、プレ更年期は妊娠への影響もあるので、妊娠を希望する女性は注意し、予防対策を意識しましょう。

オリモノに血が混じる原因は?生理・妊娠・更年期オリモノに血混じる?

女性なら下り物(オリモノ)の状態に不快や不安を感じたことがあるのではないでしょうか。オリモノにはピンクや茶色状に血が混じることがあります。例えば、生理後・排卵期・更年期など、また、生理がこない場合は妊娠初期である可能性も疑われます。それぞれの症状とオリモノに血が混じる原因をチェックしてみましょう。

オリモノの白い塊・かゆみ・においと排卵期・妊娠初期・妊娠中との関係

女性の下り物(オリモノ)は生理周期などによって状態が変わる事があります。20代30代40代の女性なら排卵期や妊娠初期や妊娠中のオリモノの変化は珍しいことではありません。しかし、オリモノに白い塊(かたまり)・かゆみ・においがある場合には要注意です。オリモノについてまとめてみました。

妊娠糖尿病?女性は妊娠で糖尿病に?妊娠糖尿病の原因・症状・治療

女性のみなさんは、妊娠糖尿病という病気を知っていますか?妊娠糖尿病の原因、症状、治療法を知っていますか?実は妊娠と糖尿病は関係があり、妊娠すると糖尿病になるリスクがあるのです。妊娠糖尿病は、妊婦自身だけでなく胎児にも悪影響を与えるため、早期に発見し、対処・治療する必要があります。

妊娠中の不調!妊娠中の高血圧症候群、喘息、胃が膨らむ気がするなど

妊娠中の不調は妊婦さんにとって母体や赤ちゃんへの影響が気になったり、ストレス原因にもなります。妊娠中の高血圧症候群、喘息、胃が膨らむ気がしたり、胃痛を伴ったりもその一つ。妊娠中の下痢や便秘、風邪、頭痛、おりもの変化など様々な症状もありますが、ここでは妊娠中の高血圧症候群、喘息、胃の不調について紹介。

妊娠検査薬の時期はいつから?早期フライング?陰性から陽性?薄い?

妊娠検査薬と合わせて生理、基礎体温、着床出血もチェック。また、妊娠検査薬をいつから使うかは説明書をチェック。妊娠検査薬で陽性でも、妊娠検査薬の使用時期が早期でフライングで妊娠していないケースも。妊娠検査薬で陰性から陽性に変わったケースも。妊娠検査薬が薄い線で陽性かどうかがわからないケースもあります。

妊娠中の仕事はどうすればいい?働く30代が考えないといけない事

妊娠中や産後でも働きたいと考えている30代女性はとても多いです。スムーズに職場復帰するためには、法律が整っているとはいえ周囲の理解が必要で、報告を忘れないようにして下さい。また妊娠中の仕事は大変な事が多いので、通勤や服装や持ち物など色々注意して下さい。