病気一覧

乳首にニキビのようなできものが!乳首ニキビ・できもののケア・対策方法

女性の乳首に「ポツ」っとした白いニキビのようなできものが。え?乳首にニキビ!?これって普通のニキビ用化粧品で治るの?それともニキビ以外の病気の可能性があるの?乳首にできたニキビの原因と、その対処方法についてご説明します。

「私だけは大丈夫!」の考えは危険!女性特有の病気は早期発見が重要

命を脅かすような重い病気を患った時、多くの人が「まさか」という思いを抱きます。知識として女性特有の病気があることはなんとなく知っていても、自分が病魔におかされるとは想像していないのですから当然ですよね。特に、それまでほとんど病気らしい病気をしたことのない人は、現実を受け入れるのに時間がかかるようです。

更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ

更年期でなかなか生理が止まらない人や生理の日数が長引く人は不安ですよね。さらに出血量が多い日、少ない日とバラバラで、血の色も鮮血だったり茶色っぽかったり、いつもと違うと気になって仕事や家事に集中できません。 40代、50代の更年期の不安定な生理は、女性にとって大きな悩みです。筆者のまわりでも仕事をしている働きウーマン、家事で忙しくしている専業主婦や兼業主婦、子育てに奮闘中のママがたくさんいますが、女性特有の更年期や生理と体の不調の声はよく耳に入ってきます。 それは、筆者の私も読者の女性の皆さまも同じではないでしょうか?

疲れが取れない!体や心の疲れが取れない原因は?睡眠不足?病気?

体や心の疲れがとれないという女性・男性は多く、20代、30代、40代、50代と年齢を重ねていくほど増加傾向にあります。年を取ると体力面で疲れやすいのは言うまでもありませんが、疲れが取れない原因は気になります。睡眠不足?悩み?病気?気持ちの問題?疲れが取れない原因は様々です。

体が疲れやすい原因は?疲れやすい・だるいは年齢のせい?病気が原因?

体が疲れやすい原因は、気持ちの問題、30代、40代、50代と重ねていく年齢の問題もあります。また、病気が原因で疲れやすいケースも。疲れやすいとだるい症状は女性も男性もみんな抱えています。疲れはストレスや病気につながる可能性もあるので、まずは疲れやすい原因を特定し、対策・改善していきましょう。

女性の口臭原因・口臭対策チェック!更年期女性の口臭はドライマウス?

女性は30代~40代、50代の更年期へと年齢を重ねるとともに匂い(臭い)の悩みが増えてきます。その一つが口臭の悩みです。なぜ口の中は臭くなってしまうのでしょうか?口内環境?食事?生活スタイル?歯周病?歯槽膿漏?更年期障害のドライマウス?病気?まずは、口臭の原因を知り、口臭対策をしていきましょう。

更年期にすぐ喉が渇く・口が乾く原因は?喉が渇くのは糖尿病・病気?

喉が渇く原因は様々ですが、更年期になってやたら喉が渇く、異常に喉が渇く、口が乾く、水を飲んでもすぐに喉が渇くなど、更年期特有の病気と不安になる女性もいるでしょう。しかし、喉が渇くからと言って、冷たいお水や水分をがぶ飲みしていませんか?水分のがぶ飲みには注意が必要です。

妊娠中のタバコは危険!30代喫煙者の禁煙方法と母体と胎児への影響

妊娠中のタバコは早産や流産だけではなく、母子共に命の危険性が高くなりますので、禁煙を始めて下さい。特に胎児は影響が受けやすく、喫煙による栄養不足等で先天性の異常になる可能性もあります。30代で妊娠を望まれている方は不妊症の原因にもなるので注意です。

生理不順と不正出血の予防と対策は?卵巣機能と生理周期の改善方法

生理不順とそれから起こる不正出血ですが、閉経後に起こる機能性出血と病気から来る器質性出血は違います。10代でも50代でも生理不順がそのまま続くと更年期を早く迎えてしまうので、必要な栄養を摂取して、ストレスを感じない生活をして、ホルモンバランスを整えましょう。

倦怠感を緩和する方法!40代・50代女性の倦怠感は身体と心に負担

40代・50代の更年期の時期を迎えますと、ホルモンバランスや自律神経の乱れによって、身体的な疲労感だけではなく、精神的な倦怠感も感じてしまいます。怠けて見える事もあり色んな意味で辛いですので、周囲の理解を得て、生活のリズムと自律神経を整える生活をしましょう。

ストレスが病気の原因に!40代・50代の働く女性は病気に要注意

仕事を頑張っている40代・50代のキャリアウーマンの方は、なかなか休めない環境もあって、日々大きなストレスを抱えています。そのストレスから更年期障害やうつ病になる事が多く、仕事を続けて、悪循環になる恐れがあります。その対策としてサプリメントの使用がおすすめです。

子宮筋腫は良性の腫瘍!40代や50代女性の4人に1人がかかる病気

子宮筋腫は良性の腫瘍になり、40代や50代の人の4人の1人は罹る病気であり、基本的に経過観察でも大丈夫です。しかし、腫瘍が大きくなれば、痛みや過多月経が起こり、日常生活の中でトラブルが起こりやすく、最悪だと子宮全摘術が必要なので、早期に治療を始めないといけません。