高齢出産一覧

高齢出産‥年齢が40代前半~後半~50代‥初産と二~三人目の出産はどう?

30代がベストとも言われる「出産」。高齢出産は、以前は40歳を超えると非常にリスクの高いと言われていました。最近では医療技術の発達により40歳以降の出産も、リスクが低くなってきました。では、40代前半、40代後半、50代‥何歳までなら出産は可能なのか?また、初産、二人目、三人目の出産の難しさは?

高齢妊娠は何歳から?高齢妊娠のリスクと高齢妊娠の可能性と確率とは

高齢妊娠は何歳から?という疑問がありますが、『高齢出産は35歳以上の初産婦』と定義されており、高齢妊娠も35歳以上と言えるでしょう。高齢妊娠のリスクや妊娠の可能性、妊娠の確率など、35歳以上の女性は特に気になります。また超高齢出産、超高齢妊娠についてもチェックしましょう。

妊娠と産後のうつ病予防と改善!高齢出産ほどプレッシャーが大きい

今の時代30代後半から40代の高齢出産は珍しくありません。しかし、そういった人ほど妊娠のプレッシャーや出産のリスクや産後の不安を大きく感じてしまい、うつ病に罹りやすいです。しかし、医療も発展しており、周囲の環境やサポートがあれば、うつ病は防げます。

高齢出産とは?30代40代女性は必見!高齢出産のメリットとリスク

高齢出産は、ダウン症を代表するさまざまなリスクを考えなければなりませんが、現代では晩婚化や女性の社会進出で30代・40代での出産も多く、サポート体制も整っています。その年代特有のメリットもありますので、正しい知識を持っていれば、昔ほど危険ではないのです。