更年期障害で体温調節できない?更年期の汗・異常汗、ほてり、のぼせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代、50代の更年期に入ると、更年期障害という様々な症状が身体的にも精神的も表れてきます。身体的な症状でよく見られるのが「汗・異常汗」「ほてり」「のぼせ」といった症状です。

「ホットフラッシュ」という名称で呼ばれることも多くなり、季節や気温、場所や時間に関係なく起きるこの症状に、深刻に悩んでいる人が少なくありません。

これは、更年期に入ると、体温調節ができないことが大きく関係しています。更年期障害」と「体温にはどのような関係性があるのでしょうか?

また、この「発汗」、「のぼせ」、「ほてり」などを予防したり、改善することは出来ないのでしょうか。

スポンサーリンク

更年期障害と体温の関係

更年期,体温,更年期障害

更年期障害に入ると、女性ホルモンが減少することで排卵が起こらなくなります。生理があった時の基礎体温は低温期と高温期の2相性でしたが、更年期になると低温期だけになるという変化が起きてきます。このように、女性ホルモンは体温とも深い関わりをもっているのです。

BMI数値が高い人はダイエットが必要かも!?

更年期障害の体温調節の崩れのうち、代表的なホットフラッシュはBMIの数値が高い女性ほど症状を引き起こしやすいと言われています。

つまり、痩せている人よるも太っている人の方が、症状が出やすいということです。

更年期になると、ホルモンの関係で太りやすくなってしまいますが、流れに任せて太ってしまえば更年期障害を強く引き起こしてしまいます。更年期に入ったら、食事の量やバランスに注意するようにしていきましょう。

体温調節ができないのは更年期の特徴?

更年期,体温調節ができない

更年期(40代後半~50代前半)に入ると、急に暑くなったり、寒くなったりすることありませんか?更年期には「体温調節ができない」というのも特徴の一つです。

更年期障害と自律神経

わたしたちの自律神経は呼吸や体温、血圧の維持や、内臓の働き、血管の収縮や拡張など自分の意思とは関係なく働いて、その健康を保ってくれている大切な神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、

・交感神経~運動などの活発に活動している時に働く神経
      血管の収縮、気管支の拡張、血圧上昇など
・副交感神経~睡眠時や食事中などリラックスしている時を中心に働く神経
       胃酸の分泌、心臓機能の抑制、消化器の機能促進など

この2つの神経が交互にバランス良く働くことで、私達の健康は維持されているのです。

しかし、更年期は、女性ホルモンのエストロゲンが減少することにより自律神経のバランスが乱れてしまい、不調の原因に関わってくるのです。

判断材料として、最近イライラを起こしていませんか?

更年期になると、訳もなくイライラしたり、と急な感情の変化も起こってきます。これ、自律神経が乱れてしまっているせいです。

体温調節を担っているのは、自律神経ですからここが乱れてしまうと、体温の調節機能も上手く働かなくなってきてしまいます。

精神面で更年期に何らの症状が出ている人の場合、同時に体温調節もできなくなっていることが多いので注意しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい