手のしびれ・指のしびれの原因は?寝起きはしびれる?病気の可能性は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手が痺れる(しびれる)ことは日常生活の中ではよくあります。朝寝起きの手のしびれ、血行不良による手のしびれなどが多いと思いますが、他にも病気(脳梗塞・糖尿病・神経障害など)が原因による手のしびれ、女性の妊娠中や産後の手のしびれなどケースは様々です。また、手のしびれ症状に加えて、頭痛や肩こり、首の痛み、めまいなどに悩む女性も多いようです。

スポンサーリンク

手のしびれの原因は?

手のしびれ,原因

女性も男性も手のしびれの原因は様々です。40代、50代と年齢を重ねると起こりやすいイメージですが、20代や30代の若い男女も注意が必要です。

一般的に手のしびれは、血管の血行不良や神経による手根管症候群が多いですね。どちらも適切な治療法で症状の軽減が可能です。

ですが、必ずしも手に原因があるとは限りません。手の神経は、最終的には脳まで繋がっています。この途中の別の場所で障害が発生しているかもしれません。また血行の不良も直接的な冷えだけではありませんね。手のしびれを怖がらず、また油断せず様子を見て病院に行くことも考えましょう。特に手のしびれが続く場合は要注意です。

原因に関係なく、まずはバランスのいいよく生活を心がけよう!

更年期に入ると体のあちらこちら不調をきたすようになってきますので、特にバランスのとれた食生活を心がけることも大切です。

手足などに痺れが出てきている場合は、血管を丈夫にしてくれる働きがあるビタミンCや血流を促進させてくれるビタミンEを多く含まれている食品を積極的に食べるようにしましょう。

朝の寝起きの手のしびれの原因は?

朝,寝起き,手のしびれ

朝の寝起きに手のしびれを感じたけれど、次第に感覚が戻り日常生活には問題なければ、血行不良と思われます。寝ている間に手先まで十分に血液が循環できないために、寝起きはしびれとして症状が出るのです。

一日だけなら寝相のせいでしょうが、続くようなら病院で診てもらってください。いつまでも続くようであれば、神経障害の可能性が出てきます。原因が神経、血行のいずれかにより専門科が違いますが、素人には区別はつきませんね。症状の説明をすれば、原因が違う場合は他の診療科を紹介してもらえますので安心してください。

女性の妊娠中や産後の手のしびれの原因は?

妊娠中,手のしびれ,原因

妊娠中や産後に手のしびれを感じる人がいます。寝ている間にしびれで目を覚ます、物を握れないほど辛くなるといった症状まで出ます。

まだ若い20代や30代でこの症状が出るとショックを受ける人が多いようです。これは手首の神経が圧迫されてしびれを感じる手根管症候群です。この時期のしびれは、むくみが原因であることがわかっています。日常生活に影響があるようなら、マッサージなどの治療を受けるといいでしょう。

手のしびれと症状

手のしびれ,症状,頭痛,肩こり,めまい,首の痛み

手のしびれと肩こり

肩こりは軽度であれば肩だけの症状で済みます。ですが症状が進行すると、手のしびれを感じ始める人もいます。肩こりはいつものことだからと放置しておくと、症状が悪化していきます。

そして凝りにより収縮した筋肉が鎖骨や肋骨の付近を通っている神経を圧迫します。胸郭出口症候群となり、神経の圧迫から手のしびれが発生するのです。運動不足が体に出やすくなる30代以降は特に、毎日のストレッチやマッサージなどで肩の筋肉をほぐしましょう。

手のしびれと頭痛

手のしびれ、頭痛とも原因はひとつではありません。関連なくたまたま両者の症状が出ている可能性もあります。関連している場合、可能性が高いのは緊張型頭痛です。不規則な生活や疲労、ストレスといった心当たりはありませんか。偏頭痛とは違うために偏頭痛と思い込んで治らないと混乱する人もいるようです。

ただし、脳腫瘍や脳梗塞の可能性もあるので念のため検査を受けるのをお勧めします。

手のしびれと首の痛み

人間の頭は、五キロ前後の重さがあります。この負担を全て引受けている首は、頸椎の緩やかなカーブで負荷を減少させているのです。ところがパソコン作業などで猫背を続けていると、首が前方にまっすぐ突き出るようになります。ストレートネックと呼ばれ、負荷のかかる首に痛みが出るようになります。悪化すると、脊髄から伸びている神経が圧迫されて頸椎症性神経根症になる危険性もあるのです。

手のしびれとめまい

手のしびれとめまいが同時に発生しているときに、まず考えつくのが肩こりです。肩こりが重度になると、どちらの症状も発生するんですよ。他にも頸椎の障害や脳梗塞など考えられます。ただし、両者が別々の原因から発生している可能性もあります。素人では判断し辛いので、病院でしっかり判断してもらいましょう。

手のしびれと病気

手のしびれ,脳梗塞,糖尿病

手のしびれと脳梗塞の可能性

手のしびれが独特な感覚の場合、注意してください。薄い手袋をはめて触っているような微妙なしびれではないでしょうか。脳梗塞の疑いがあるしびれ方のひとつです。もうひとつ、脳梗塞の可能性があるのが口と同時に発生するしびれです。手の神経と口の神経を担当する脳の箇所が近いために、同時にしびれが出るケースが多いのです。

手のしびれは糖尿病の初期症状?

糖尿病の初期症状として、手のしびれは注意したいものです。手や腕を動かす、止める、どちらにも関係なくしびれの範囲が広がってはいませんか。指先の冷えだと思い病院に行ったら、血液検査で糖尿病と言われるケースは多いんですよ。糖尿病は生活習慣病の多くがそうであるように、早期発見が大切です。しびれを感じたら、糖尿病の可能性も疑ってみてください。

指のしびれは神経障害や脳障害の可能性も

手のしびれの内、指または指先だけのしびれは注意が必要です。指は神経や毛細血管が張り巡らされている上に、体の先端であるため冷えやすい場所でもあります。指先の血行不良や神経障害の疑いだってあります。ですが他にも脊髄や頚椎、また脳の障害が原因かもしれないのです。

手のしびれに気をつけよう

手のしびれ,病気,チェック

手は毎日の生活で使い続ける部位ですから異常があればすぐにわかるはずですね。ですが、たいしたことないと判断して意識から排除している人が多いのです。

手に限らず体の異常は、すぐに治ってもメモをつける癖をつけておきましょう。悪化してからの病気の判明を防ぐために便利です。しびれも他の部位に関係ないか、チェックがしやすくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい