• 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
1型糖尿病、2型糖尿病とは?1型糖尿病と2型糖尿病の原因・症状

糖尿病には1型糖尿病(インスリン依存型)と2型糖尿病(インスリン非依存型)があります。

一般的に糖尿病と言われているのは2型糖尿病(インスリン非依存型)であり、悪化すれば様々な症状や体の異変につながります。

1型糖尿病と2型糖尿病の違いは?1型糖尿病と2型糖尿病の症状・原因は?

糖尿病のメカニズムも含めてみていきましょう。

スポンサーリンク

1型糖尿病とは

1型糖尿病,症状,原因

1型糖尿病はインスリン依存型

糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度が異常に高くなり、インスリンの分泌されなくなったり、不足してしまうという体の異変です。

インスリンが分泌されない糖尿病は、1型糖尿病(インスリン依存型)と呼ばれます。

インスリン依存型は、一般的に知られている糖尿病(インスリン非依存型)に比べて症状が重いです。

1型糖尿病の症状・特徴

1型糖尿病の場合、インスリンが分泌されないため、血液中のブドウ糖濃度が高まります。

それゆえ、2型糖尿病と同じような症状が現れます。

しかし、1型糖尿病の場合は、症状が激しく、また、急激に起こるという特徴があります。

1型糖尿病の原因

1型糖尿病の人は、膵臓あるβ細胞という細胞が死滅しているため、インスリンという糖分の上昇を抑える作用のあるホルモンが分泌されなくります。

そのため、インスリン製剤に頼らなけらばならないため、1型の糖尿病はインスリン依存型と呼ばれます。

何故、β細胞が破壊されてしまうのかという原因は、まだ、はっきりと分かっていません。

しかし、最近の研究によると、自己免疫の異常が、β細胞を破壊してしまう要因のひとつではないかとされています。

インスリンを作り出すβ細胞を、自分の免疫細胞が異物として反応し、攻撃してしまう自己免疫性の体の異変だと考えられています。

また、インスリ依存型を発症する人の家系には、橋本病・バセドウ病といった自己免疫性の体の異変が多いこともあり、特定の遺伝子が原因となっているとも考えられています。

1型糖尿病の治療

ある研究では、インスリンが分泌される膵臓にあるランゲルハンス島と呼ばれる細胞が、自己免疫の異常によって死滅してしまうため、インスリが分泌されなくなると考えています。

それゆえ、通常、使用される経口血糖降下剤では効果が薄く、インスリン注射を打つことが唯一の治療法となっています。

1型糖尿病は中年より若い世代に多い?

1型糖尿病は、中年期以降に発症することは少なく、幼児期から青年期に発症することが多いです。

したがって、幼児期から青年期にあたる人が、急激に喉の渇き、多尿、体重減少を自覚した場合は、危険信号といえます。

速やかに、医療機関を受診することが大切です。

1型糖尿病と生活習慣

1型糖尿病において、過食・運動不足などの生活習慣が、糖尿病発症のトリガーになったとしても、直接の原因になることは殆どありません。

むしろ、遺伝要因と環境要因が、複雑に絡み合って発症すると考えられています。

したがって、自分の家系に自己免疫性の体の異変を患っている人がいる場合は、普通の人よりも生活習慣に気を付け発症のリスクを低くしておくことは大事です。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
  • 少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
  • 体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
  • 更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
  • 基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
  • 更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
おすすめの記事