疲れが取れない!体や心の疲れが取れない原因は?睡眠不足?病気?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の疲れがとれない、心の疲れが取れないという女性・男性は多く、20代、30代、40代、50代と年齢を重ねていくほど増加傾向にあります。

年を取ると体力面で疲れやすいのは言うまでもありませんが、疲れが取れない原因は気になります。

例えば、夜、疲れが取れないと次の日の仕事や用事に差支えるのではないかと心配になります。

しかし、眠らなくては、と思えば思うほど眠れないのが事実です。

そして、疲れを残したまま朝になると、疲れが取れていないのに仕事に行かなければならない、家事をしなければならない。

これらの状況でどう疲れを対処していくかが課題です。

まずは疲れが取れない原因をチェックし、疲れが取れるように工夫をしていきましょう。

スポンサーリンク

疲れが取れない原因

疲れが取れない原因としては、さまざまな原因が考えられます。

何かの病気が隠れているのかもしれませんし、睡眠や休息が足りていないだけなのかもしれません。

体質はなかなか変えられないものですが、弱いところを補うことはできるでしょう。

どうしてもこれがしたい!という強い気持ちがあれば、なんとか方法を考えるものです。

また、疲労がたまり過ぎて、一日二日では取りきれないくらいになっているのかもしれません。

また、何か気付いていない隠れた病気が進行している可能性もあります。

また、生きる目的が持てずにやりがいがないため、疲労感がことさら気になることもありえます。

仕事が夜(夜勤)で疲れが取れない

夜勤の疲れが取れないのは生体リズムに合っていないから

夜勤で働く労働者がどうしても疲れが取れないと嘆くのは当然です。

朝、明るくなったら起きて仕事にでかけ、夜暗くなったら家に帰って来て寝る、というのが人間の生体のリズムです。

企業は投資を抑えて生産・売り上げを伸ばしたいので夜勤をさせるだけなので、言いなりになって体を壊す危険もあります。

仕事も大切ですが、体をダメにしては元も子もありません。

夜勤の疲れが取れないのは睡眠が浅いから

夜勤勤めの方が疲れが取れない、と嘆くのは、もしかしたら睡眠が浅く疲労が取り切れていないからかもしれません。

日中に長時間の睡眠を取ろうとすると、体温が下がらずにしっかり休息が取れないことや、明るいために睡眠が浅くなってしまうことがあげられます。

就寝時間より前に入浴することや遮光カーテンを設置することなどが工夫できることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい