体が疲れやすい原因は?疲れやすい・だるいは年齢のせい?病気が原因?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人はなぜ疲れやすくなるのでしょうか?体が疲れやすい原因は、気持ちの問題もあれば、30代、40代、50代と重ねていく年齢の問題もあります。

また、病気が原因で疲れやすいケースもあります。

疲れやすいだるい症状は女性も男性もみんな抱えています。

疲れはマイナスの影響が大きく、ストレス病気にもつながる可能性があるので、まずは疲れやすい原因を特定し、対策・改善していきましょう。

スポンサーリンク

疲れやすいのはなぜ?

✔ 疲れやすい年代はありますか?

⇒ 年齢を重ねると体力も落ちていき、疲れやすくなります。

10代から20代、20代から30代、40代、50代、60代へ向けて加齢と共に徐々に疲れやすい体質になっていくのが人間です。

しかし、40代は更年期に差し掛かる関係もあり、特に疲れやすく感じ始める年代といえるでしょう。

50代には50代の、60代には60台の疲れやすさがあり、大台に乗ると違うという人が多いものです。

✔ 疲れやすいのは悪いことですか?

⇒ 疲労感を覚えるのは楽しい経験ではありませんが、自分の健康を守るのに役立ちます。

疲労感があるからこそ、休息が必要だということを自覚して健康を維持できるのです。

しかし、これまで平気でできていた活動が疲れやすいと制限されるのは残念です。

慎み深さを身につける年代に入ったということでしょう。

疲れやすいのは子宮筋腫の可能性も?

疲れやすいのは子宮筋腫のホルモン薬

疲れやすいと感じさせるのは、子宮筋腫で使う黄体ホルモン薬です。

生理の前後や更年期の時期もそうですが、ホルモンのバランスが微妙に動く時はたいへん疲れやすくなり、倦怠感を覚えるのです。

子宮筋腫に養分が取られて疲れやすい

子宮筋腫になると子宮内に筋腫が育っていきます。筋腫とは筋肉部分から発生した腫瘍です。

それが成長するためには養分が必要です。

もともとできる必要のない部分にエネルギーを吸い取られてしまうため、疲れやすいのは仕方がないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい