ワーキングママの悩み!仕事・子育て・家事の両立、どう乗り切る?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不景気が続き、思うように収入が確保できない家庭が増えています。そのため、共働きを選ぶ夫婦も多く、どこも仕事や家事、子育てにてんてこまい。特に、母親として父親よりも子供に対する責任を強く求められる女性は、つらい立場に立たされることが少なくありません。

しかし、仕事と家庭のことで神経をすり減らし、自分が倒れてしまえば元も子もないですよね。うまく乗り切るためのコツを覚え、ほっとできる時間を増やす努力をしましょう。

スポンサーリンク

夫を子育てに巻き込むコツ

夫,子育て

日本にもこの頃「イクメン」と呼ばれる男性が増えてきましたが、まだまだ全体で見れば少数派。職場に育児休業の制度があっても、それを利用する人の数はなかなか増えないのが現状です。

また、姑世代に共通する「子育ては女性の仕事。男の人を巻き込むなんてとんでもない!」という考え方も影響し、妻が大変だと分かっていても子育てに参加しない男性は少なくありません。しかし、この状況を黙認してしまえば、全てが妻一人の肩にかかることになってしまいますよね。

夫を子育てに巻き込むには、とにかく「褒める」ことが大切です。お皿を洗ってくれれば褒め、オムツを取り替えてくれれば褒め、という感じで、何かしてもらうたびに「ありがとう。すごく助かったわ!」と感謝の気持ちを表すのです。

最初は面倒だと思っていても、ニコニコ感謝してくれる妻の喜ぶ顔が見たくて、いつの間にかイクメンに変身している男性多数。くれぐれも「やって当たり前でしょ」という態度は見せないようにしてくださいね。

手のかかる家事は休日にまとめて終わらせる

ママ,家事

きれい好きな人にとって、掃除や洗濯ができないほどイライラすることはありません。料理だって、手作りにこだわる人はできるだけ手を抜きたくないですよね。

しかし、仕事を持つワーキングマザーには、こうしたことにかけられる時間が足りないのが現実。全てを完璧にこなすのは無理なので、どこかでうまく手を抜くようにしましょう。

たとえば、時間のかかる煮込み料理やシャツのアイロンがけなどを、休日にまとめて終わらせておくというのはいかがですか? 料理は素材さえ選べば冷凍しておけるし、アイロンがけは1週間分まとめてやっておけば平日は袖を通すだけで済みます。

その分、浮いた時間で子供と遊んだり、リフレッシュしたりする時間に充てれば、ストレスをためることなく元気に過ごせますよ。

子供関係で仕事を休む?休めない場合は?

ママ,仕事,子ども

子供がいると、急に熱を出して保育園や学校を休んだり、行事やPTAの集まりがあったりして、どうしても仕事を休まなくてはならない場面が出てきます。

決して理解のある職場ばかりではないので、その度にいたたまれない思いをすることになりますね。何度も休んだことを理由にパートをクビになるなんて話も珍しいことではありません。

専業主婦が当たり前だった昔とはちがい、今は母親一人で子供関係の幼児全てをこなすのが難しい時代です。夫が休めるなら夫に、それが無理なら実家の両親や姑に頼るなど、いろいろ工夫してみましょう。

近所に仲の良いママ友がいれば、お互いの休みをやりくりして協力し合うのも一つの方法ですよね。

また、民間のサービスを利用するのもおすすめです。熱のある子供を預かってくれる「病児保育」は、病院内に施設があるので安心。保育ママさんやベビーシッターをお願いすれば、仕事が終わる時間まで自宅で預かってもらうこともできます。

費用はそれなりにかかりますが、子供の安全には代えられません。ただ、中には仕事のいい加減な人もいるので、事前に面接して信用できる相手かどうかを慎重に判断してください。

無理をしないことが円満子育ての秘訣

子育て,円満

「子供を育てる」というのは、周りが考えている以上に大変なことです。普段のお世話だけでもくたくたなのに、友達関係や勉強のことで悩んだり、思わぬハプニングが起きたりして、母親は常に追い立てられるような気持ちで子育てをしています。

こんなに骨の折れることを、自分1人でやろうとするなんて絶対無理! 「シングルマザーで、頼れる親もいない」という人は、行政のサービスもどんどん利用してください。子育て仲間を積極的に作るのも、お互いに協力し合ったり、悩みを聞いてもらったりして大きな助けとなりますよ。

母親の元気な笑顔は一家の要。無理をしすぎて倒れてしまうことのないよう、周りの力も上手に借りつつ、適度に手抜きしながら毎日を乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい